【変わりダネ】広告にも色々あるみたい・・・?

f:id:Prosopocoilus:20170213140551j:plain

広告収入がほしい

せっかく開設したブログですし、広告を少しつけてみようと思いA8.netに登録した筆者です。グーグルアドセンスも登録したかったのですが独自ドメインの取得が必要で、コレにお金がかかることから断念。。。

 

変わった広告とサービス

面白いですよね、広告って販売バナーから証券会社へのリンクまで多種多様で。

サービス業から販売業まで数えきれないほどあります。

 

まあそんなこんなでA8.netで当ブログに張る広告を選んでいたわけであります。

今回は試しがてら、その中から気になった広告3点を抽出し、紹介したいと思います。

 

 

訪問しつけ鬼サービスばけおに

まずこれ。ほんとこれ。

f:id:Prosopocoilus:20170213141853p:plain

 

え?

 

おおうおうおうおうおうおうおうって感じでした

 

なんだこれはと思いリンク先を見に行ったのですが、なかなかユニークな業者さんです。

 

以下サイトより抜粋

■「ばけおに」登場
「ばけおに」が部屋の入り口の戸をドンドンと叩きます。
お子様が音のする方に注目して身構えたところに、「ばけおに」が「ガオー!」と叫びながら飛び込んで来ます。
この段階で、ほとんどのお子様がパニック状態になります。

■「ばけおに」が僕を探しに来た!
「悪い子はどこだー」「太郎(お子様の名前)はどこだー」と叫びながら「ばけおに」が包丁を振り回します。
お子様は、「ばけおに」が自分を探しに来たと思い、必死に逃げようとします。
※お子様の状況を見ながら、「ばけおに」は声の大きさやお子様との距離を調整します。

■パパ、ママが、お子様を守る
ここが一番大事です。
お子様の不安が和らぐように、しっかり抱きかかえてください。
また、「大丈夫、大丈夫」「いい子にしていれば大丈夫」とお子様に声を掛けてください。決して、笑ったり、けしかけたりしてはいけません。

■説教
ご予約時にご記入いただいた「お困りごと」についての説教をします。
「好き嫌いする子は、みそ付けて食べるぞー!」などと言いながら、「ばけおに」がお子様に攻め込みます。

■謝り、許されて終わる
お子様に「ごめんなさい!」「悪い子しません!」「許してください!」という言葉を大声で言わせます。その言葉を受け、「ばけおに」は、「許してやる!」「いい子になれよ!」「悪い子したら、また来るぞ!」と言い残して、静かに去って行きます。

 

ようするに、親子間の絆を深めようというドッキリをするサービスのようです。個人的に包丁もった鬼が部屋入ってきたらPTSDになりそう・・・。まぁそうならないように上手く計画が練られていることでしょう。子供って純粋ですからね、こうやって自分を鬼から守る親の存在ってのは大きく見えるのではないでしょうか。

 

 MadameTussaudsTokyo

f:id:Prosopocoilus:20170213142446p:plain

おっ、なんだこれ。

マダムタッソー東京、名前だけ聞いても分かりませんね。ここ、芸能人の蝋人形を展示している施設のようです。

 

蝋人形彫刻家マリータッソーさん(1761-1850)により建てられたイギリス・ロンドンの蝋人形の館。マダムタッソー東京はその分館という立ち位置。蝋人形にはジョニーデップさんやレディーガガさんなどなど著名人が多数!(外人さん多めですね)

 

ただ、このホームページ、日本語が少し緩いです。。。

ぶっちゃけHP見るよりマダムタッソーで画像検索した方が楽しいかも知れません。

春休みやってるなら見に行こうかな~なんて思いました。(広告って大事・・・!)

MAMORIO

f:id:Prosopocoilus:20170213144807p:plain

最後にこれ!このMAMORIO!ずっと私も気になっているアイテムなんです。

 

どんなガジェットなのか説明しますと、

  • 落とし物追跡タグ
  • お財布やカバンに入れておいて、そのホストが無くなった時にスマホから座標を調べることが出来る代物。
  • MAMORIO本体であるチップにGPSが搭載され簡単に携帯できる
  • 年1000円で一台利用できる

似たガジェットも多いですが薄いチップタイプのはあまり見ないですね。

起動時間も長いようでペットの首輪や盗難されやすい自転車などにつけると良さそうですね。このアイテム、汎用性がとても高そう。

詳細はリンク先へ!

 

 

 

おわりに

今回は面白かった広告3件を簡単に紹介させて頂きました。

ぶっちゃけ最初の鬼しつけが紹介したかっただけ・・・笑

 

それにしてもあれですね、広告貼ろうと思って調べてたのに、気づけば僕もリンク先で色々見て楽しんでいました。視覚的に訴えるこの手の手法は我々の思う以上に効果的であると実感しました。